設置基準書とは

2020年に(公財)日本下水道新技術機構より発刊された「効率的なストックマネジメントの実施に向けた下水道用マンホール蓋の設置基準等技術マニュアル」をもとに、設置環境ごとに要求するマンホール蓋の性能、機能を検討し、設置環境ごとに使用するマンホール蓋の性能及び機能を定めたものです。

設置基準書の検討手順

設置基準を検討する手順は以下の通りです。

①リスク環境の設定
 リスクが高く対策の必要性が高い箇所を選定し、リスクレベルの設定を行います。

【耐スリップ性能(車道用)のリスク検討例】

②必要性能の設定
 設定したリスク環境、リスクレベルに対して要求するマンホール蓋の機能、性能を選定します。

【耐スリップ性能(車道用)の性能設定検討例】

③設置基準書の作成
リスク環境ごとに要求される性能を考慮し、設置環境ごとに使用するマンホール蓋のタイプを設定します。