次世代型高品位GMで安全性確保と防災機能向上

水道産業新聞2016年(平成28年)7月21日

・排水区ごとに計画的に改築・更新(福井市)
・歩道部も耐スリップ性能を持つ次世代型(熱海市)
・次世代型で圧力解放を(多治見市)

防災・減災と安全・長寿命化に向けて次世代型高品位GMを

水道産業新聞2016年(平成28年)3月17日

・ストックマネジメントに向けた改築・更新。幹線道路には次世代型採用(小田原市)
・重要幹線には次世代型を設置。26年度は約800カ所を取替え(豊中市)
・次世代型で津波による逸脱防止を。地震対策で414枚のふたを取替え(宮崎市)

将来見据え的確な改築・更新を

水道産業新聞2015年(平成27年)10月8日

・緊急輸送路上のふたを優先的に。データ化で予防保全型の更新へ(鎌倉市)
・ふたとホールポンプを計画的に更新。5年間で2250枚のふたを取替え(可児市)
・南部合流区域を優先更新。ふたの飛散防止対策を中心に開閉東一や下水PRにも注力(西宮市)

管路施設の計画的な改築更新を

日本下水道新聞 2014年(平成26年)7月17日

・5年で569枚を更新。次期計画の事前調査も開始(山形市)
・長寿命化支援制度を活用し年間100枚程度を更新(大阪狭山市)
・平受構造の蓋を優先的に。今年度から次世代型蓋の採用も(日立市)
・台帳を活用し長寿命化へ。安全性重視し蓋仕様規格を変更(三木市)

市民を身近なリスクから守る高度な安全性

日本下水道新聞 2011年(平成23年)7月20日

・がたつき防止・食い込み制御を同時に実現
・製品の名にふさわしい性能

管路管理の効率化に大きく貢献

水道産業新聞 2010年(平成22年)7月22日

・新技術支援事業における評価のポイント
・モニター施工担当会社から見た次世代型グラウンドマンホール

多様な拡がりを見せる次世代型グラウンドマンホール

水道産業新聞 2010年(平成22年)6月24日

・現場施工者から高い評価(金沢市)
・新技術の規格化を急ぐべき(滋賀県)
・デザインより安全性を優先(鳥取市)
・長期耐久性維持に期待(鈴鹿市)

進化するグラウンドマンホールの性能規定化

水道産業新聞 2009年(平成21年)5月28日

・市民の安全安心を考え調達は「トップランナー方式」(浜松市)
・維持管理性の向上へGM長寿命化でLCC低減(前橋市)
・高水準技術の採用は責務 第三者機関で客観的証明を(熊本市)
・豪雨教訓に設置基準改定 技術革新や産官連携を(西宮市)